映画『ギャング・オブ・ニューヨーク』(2001)

巨匠マーティン・スコセッシ監督が、30年間温めてきた構想を、撮影期間270日、総製作費150億円以上の巨費を投じて挑んだ超大作「ギャング・オブ・ニューヨーク」。70年前に出版されたハーバート・アズベリーの伝説的ノンフィクションをもとに、アメリカ史激動の時代のニューヨークに生きる人々の壮絶な生き様、極限の中で生まれた究極の愛を見事に映像化した、壮大な一大叙事詩がついにその全貌をあらわす!

テレビも映画も無料で見れる!iPhoneでTVを見る方法

«イントロダクション»
全世界待望!映画界の頂点たちが挑む空前の超大作

「タクシードライバー」「グッドフェローズ 」を始めとする数々の傑作を生み出してきた20世紀最高の映画監督の一人、マーティン・スコセッシ。その彼が30年間温めてきた構想を遂に実現する時が来た。70年前に出版されたアメリカ、ギャング史の最高峰とも言えるノンフィクション小説の映画化がそれである。製作費120億円。撮影日数270日に及ぶ一大プロジェクトだ。

世界中の誰もが実現不可能と思っていた、超一級のスタッフ、キャストの競演、まさに映画界の頂点たちが贈る未曾有の超大作「ギャング・オブ・ニューヨーク」。監督が本作の主演に抜擢したのは記録的大ヒット作「タイタニック」で全世界を感動に包み、世界中の女性を魅了したハリウッドのカリスマ、レオナルド・ディカプリオ。そして、キャメロン・ディアスの参加。レオ=キャメロンのハリウッド映画史上最高のカップルがスクリーンに登場!!

«ストーリー»
19世紀半ば、マフィア誕生前夜 暗黒の街ニューヨークを燃え上がらせたのは復讐か愛か??

1861年、ニューヨーク。縄張り争いを繰り広げる移民同士の抗争により、目の前で父親を殺された少年アムステルダム。自らも投獄された彼は、15年の時を経て、父を殺したギャング組織のボス、ビルへの復讐を誓い、この地に帰ってきた。素性を隠し、ビルの組織に入り込んだアムステルダムは、そこで美しくも謎めいた女ジェニーに出会い、許されない恋に落ちる……。

«作品情報»

«スタッフ&キャスト»
レオナルド・ディカプリオ (アムステルダム・ヴァロン)
幼少の頃、目の前で父を殺され孤児となり、父を殺したギャング団のボス、ビルへの復讐を誓うアムステルダム・ヴァロン役を演じる。
1974年11月11日、米カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。ラッセ・ハルストレム監督の「ギルバート・グレイプ」(93)で天才的な演技を高く評価され、ナショナル・ボード・オブ・レビューの助演男優賞を受賞、アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞にノミネート。その後、数多くの作品で主役を務める。1997年には「タイタニック」が大ヒットを記録、人気と実力を兼ね備えたハリウッドスターとして、その地位を不動のものにした。他作品への出演を断り続け、出演を熱望した本作では、名匠スコセッシ監督のもと、更なる可能性を感じさせる、迫真の演技をみせている。


キャメロン・ディアス (ジェニー・エヴァディーン)
混沌の町ニューヨークで力強く生きる、美しき女スリを演じる。
1972年8月30日、米カリフォルニア州サンディエゴ生まれ。1994年ジム・キャリー主演の「マスク」でヒロイン役に抜擢され、映画デビュー。ジュリア・ロバーツ主演の「ベスト・フレンズ・ウェディング」(97)でニューヨーク映画批評家協会の最優秀女優賞を受賞、98年の「メリーに首ったけ」ではそのコケティッシュなコメディエンヌぶりでゴールデン・グローブ賞にノミネートされた。その後も「マルコビッチの穴」(99)、「チャーリーズ・エンジェル」(00)など話題作に出演。現在最も人気のある女優のひとりである。


ダニエル・デイ=ルイス (ビル・ザ・ブッチャー)
かつて、アムステルダムの父を倒し、今はニューヨークのファイブ・ポインツを絶対的な力によって支配しているギャング団のボスを演じる。
1957年4月29日、イギリス・ロンドン生まれ。 ブリストルのオールド・ヴィク演劇学校で学び、舞台俳優として活躍。映画では、「マイ・ビューティフル・ランドレット」(85)とジェイムズ・アイヴォリー監督の「眺めのいい部屋」(86)でニューヨーク映画批評家賞助演男優賞を受賞し、注目される。89年「マイ・レフトフット」の迫真の演技でアカデミー賞主演男優賞を受賞。その後もマイケル・マン監督の「ラスト・オブ・モヒカン」(92)、マーティン・スコセッシ監督の「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」(93)と話題作に主演、93年には「父の祈りを」で再びアカデミー主演男優賞にノミネートされた。97年の「ボクサー」の後、映画界を引退していたが、今回スコセッシ監督のたっての願いで5年ぶりにスクリーンに復帰。


マーティン・スコセッシ監督
1942年11月17日、米ニューヨーク生まれ。20世紀を代表する名匠のひとり。初監督作品「ドアをノックするのは誰?」(68)が伝説のプロデューサーと言われるロジャー・コーマンの目に触れ、1972年「明日に処刑を…」の監督を依頼される。「ミーン・ストリート」(73)で独自のスタイルを確率。76年、ロバート・デ・ニーロを主演に据えた問題作「タクシードライバー」がカンヌ国際映画祭グランプリ、その後「アフター・アワーズ」(85)で同監督賞に輝く。90年「グッドフェローズ」がヴェネチア国際映画祭監督賞受賞ほか世界の映画賞に輝く。「ミーン・ストリート」、「タクシードライバー」「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」(93)等、自分が生まれ育った街、ニューヨークを舞台とする作品を数多く発表しており、「ギャング・オブ・ニューヨーク」はその集大成でもあるといえる。 その他の主な作品に、「レイジング・ブル」(80)、「ハスラー2」(86)、「ケープ・フィアー」(91)、「クンドゥン」(97)などがある。



製作年:2001年/ 製作国:アメリカ/ 配給:日本ヘラルド映画/松竹
※当サイトは公式サイトではなく、個人によるファンサイトです。問題がございましたらwjswjにさんろくあっとまーくgmail.comまでご連絡ください。